20代なのにもう薄毛!?彼が心配で用意したプロペシアとフィンペシア

プロペシアの歴史

2005年に日本で承認され、現在も男性の発毛や育毛の処方箋薬として活躍しているプロペシア。
実はこの治療薬ですが、元々は違う症状の改善薬として使用されていました。
その症状とは前立腺肥大症でこれも男性にしか起こりえない症状です。
男性性器の前立腺が多くなってしまう事で尿道などが圧迫されてしまうのです。
本剤の主成分フィナステリドが有効とされており使用されていたのですが、使用患者から髪の毛が異常に増えたなどの報告を受け、男性の育毛や発毛に効果的なのではないかと再開発されたのです。
1992年には前立腺肥大症の治療薬「プロスカー」として承認され、1997年には「プロペシア」として認証されるようになりました。
日本では遅れることながら2005年に厚生労働省より承認され全国の病院で処方されるようになったのです。
実は今まで発毛や、育毛などの処方箋薬は販売されておらず、この製品が日本初となりました。
直接塗るタイプのものは存在していたのですが、口で摂取する経口治療薬は本剤が初となります。
ではなぜこの治療薬が男性のハゲに効果的なのでしょうか?
その理由はハゲにかかわってくる男性ホルモンを生成してしまう5aリダクターゼtype2という酵素を抑えてくれるからです。
この酵素は基本男性の前髪部分と頭頂部に多くあると考えられており、男性ではげている人のほとんどはその部分だけハゲています。
逆に側頭部や後頭部がはげている人は中々いないのです。
フィナステリドが酵素を抑えてくれるおかげで、ハゲを作ってしまう原因の男性ホルモンが生成されなくなるので、ハゲを予防したり、改善したりできるのです。
髪の毛には周期と言うものがあり通常だと5年から10年で成長したりするといわれております。
この周期に戻すためにはプロペシアを持続して服用する必要があるのです。
最低でも半年と考えられていますが、長く続ければ続けるほど効果が得られ、育毛や発毛の確率も高くなるのです。
もちろん個人差もあるので全く効果が無いという人もいらっしゃいます。
しかしほとんどの人が実感できているので、これからもこの治療薬は男性の脱毛界にとってなくてはならないものとなっていきます。