20代なのにもう薄毛!?彼が心配で用意したプロペシアとフィンペシア

毛髪をの成長を止める物質の阻害

稀な事ではありますが、更年期あたりを迎え閉経した女性の方にも起こるとされる、AGAは男性の方であれば思春期を過ぎた頃から起こり前頭部の生え際が抗体していく、あるいは頭頂部が円形に薄くなり始めるといった脱毛症の症状が現れ、原因物質が頭皮内にあるホルモン司る受容体に結合する事でTGF-βを産生し成長因子の活動を抑制する事により毛髪が一本一本が成長を抑えられてしまい軟毛となるまま一定に短さまで成長すると抜け落ち再び毛穴から新たに髪を生やす事が出来なくなってしまいます。

こういった過程を経て発症に至る訳ですが、この物質を手前で生成させる事を防ぐ事が出来るのがプロペシアになり世界では唯一飲み薬として発毛の作用を持つ薬になります。

プロペシアとは、原因物質であるDHTを生成してしまう5α-リダクターゼを抑制する効用を持つフィナステリドが、頭皮内で物質が作られる事を阻害出来る為、上記の発症までの過程を手前で防ぐ事ができ受容体への結合を止める事が出来るので、この様な作用から再び毛髪が成長する事をはじめまた髪の生え変わり時期、すなわち毛髪の寿命を延長する事が為、コシのある太く丈夫な硬毛へと変化させ抜けてしまっても新たに毛穴から髪が成長を起こす様になります。

プロペシア錠は一日一回の単回投与を継続するとされ、通常はこの服用方法を基本としますが医師の診断によっては適宜増減する事もあり、一日に投与出来る最大用量はフィナステリド1mgとなるので5錠までは増量させる事が出来ます。

フィナステリドの効果は症状の軽い方から中等程度までの方を対象とした一年間の臨床試験の結果では約半数以上の方に発毛作用が起こり、薄毛の改善効果が診られ、また50を過ぎている方よりも20・30・40代の若年層の方により良い効果を発揮したとされています。

本剤には同一成分用量を含有した、所謂ジェネリック医薬品にフィンペシアがあります。プロペシアは長期服用が必要であり、薬価も高い薬となるので、経済的な負担が大きい場合はこのような医療費負担を継続的に抑える事の出来るプロペシアジェネリックを利用するとよいでしょう。一日の頻回投与あるいは一年を超えての長期に渡る投与期間を考えるのであればフィンペシアは薄毛治療に役立つはずです。

また本剤含め後発薬であるフィンペシアも市販の薬として販売が行われている育毛の効用を持つミノキシジル製剤と併用していく事でさらに高い改善効果を得る事が出来ると言われています。